強靭なケニア旅行
ホーム > 葉酸サプリ > 厚生労働省が積極的な葉酸の摂取を求めています!

厚生労働省が積極的な葉酸の摂取を求めています!

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

 

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。

 

こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

 

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

 

行政からの助成金があるものの、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすことが一般的に行われているようです。

 

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

 

だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

 

私だって来年には四十になるので、体力と時間とお金のことばかり考えて、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。

 

妊活の時に、本を買って「産み分け」について学びました。

 

一人目に男の子を産んでいたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

 

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしたという訳です。

 

その後、無事に妊娠し、性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。

 

産み分けのおかげだと思っています。

 

おすすめの男性不妊葉酸サプリとは?